椎茸栽培への道

ph_road

新しいのは、昔と同じ?
何でんいいから、とにかく、食うちみちおくれ!
そりゃーうめーんやけん

先ず、私が生まれたのは大分県の南の端に位置する宇目町と言うところです。私の父は教員として宇目の学校に勤務しておりましたが、私が生まれる頃には先祖代々生産してきた椎茸生産をするため宇目町の堂間(どうま)という人里離れた場所に住んでいました。

更には、宮崎県の西郷村に行き其処でも年間10,000kg以上の椎茸とお茶を生産しておりました。私も幼い頃より椎茸を天日に干す作業や当時のじむろに入って作業する父や母の様子を見ながら育ってきました。しかしながら、多くの子供たちがそうであるように椎茸独特のニオイと味はあまり好きでは無かった事は記憶に有ります。
ただ、乾燥の仕上がった香ばしい香りは上品なお香のようでした。

(話は現代に戻ります。)その後、縁有って別府に住み着き現在の地で1966年(昭和41年)大分県内の生産者の方々より椎茸をお預かりして入札販売するやまよし椎茸市場を(父が)起こしました。私は昭和52年に家業に帰り、以来、毎日のように大分各地の生産者を回って椎茸を集めております。今から数年前の事です。大分県武蔵町の三浦さんとお付き合いが出来その時「うちん椎茸は香りもいいし食べてん本当にうめーえんで」と大変な自信で言うので、その椎茸を食べて感動しました。思えば其れは幼い頃に食べた良しも悪しもその懐かしい味でした。(忘れてはいたけれど、ほんの15年ほど前には まだ、回転室が有る農家も有りあの香り豊かな椎茸有りました。)又、彼は当時の明治製菓の908菌(現在は森産業)の美味しさに惚れ込みズーッと908号菌を駒うちしてきたのでした。

ただ、幾ら書いても美味しさは解りません。是非お買い求め下さい。弊社の商品としては他より若干値段が高くなっておりますが間違いなく其の価値はあります。